記事

【テーマ別】AIサービスの徹底解剖!人工知能の活用事例をご紹介

AI・人工知能は様々な分野で利用されている技術です。テーマ別にAIを利用したサービスの事例をご紹介していきます。

AI・人工知能とは?

人工知能はAI(Artificial Intelligence)とも呼ばれています。その定義は、一様には決まっていませんが、「人工的に作られた、知能(システム)やその技術」を指し、「知能」をどのように捉えるのかは、専門家の間でも考え方が分かれるところです。ダートマス会議(1956年)でAIという言葉が誕生してから現代まで、時代によってAIにもブームがあります。

条件分岐を多用した自動判定プログラムから始まり、統計学を中心とした機械学習のシステム、そして応用数学を基礎とする深層学習(ディープラーニング)の技術が時代の変遷とともに発展してきました。このように、AIというのは機械学習や深層学習をも含んだ大きな概念のことを指します。

 

現在、AIを利用する利点としては、

  • 大量のデータを早く処理できる
  • 単純な作業を代行できる
  • 人間は創造的なことに専念できる

などがあります。

また、AIには大きく分けて、汎用型AIと特化型AIがあります。
特化型AIは「特定の作業」を行うものです。例えば、チェスや囲碁をプレーすることが出来るAIや、写真の中から人物を特定する「画像認識」などがあります。

一方で、汎用型AIは「ドラえもん」のようなイメージです。特化型が「特定の作業」を行うのに対し、汎用型は複雑な問題も解決することが出来るAIです。

 

現在は特化型AIの研究やサービス化が進められています。この記事では、特化型AIのサービスについてご紹介していきます。

 

当社では「AIは特殊技術ではなく日常生活に不可欠な「ツール」として人々に使ってほしい」と考えています。今ではAIが搭載されたサービスも増えてきました。どんなサービスが身近にあるのかをみていきましょう!

 

 

AIを搭載したサービスにはどんな種類があるのか?

AIを搭載しているサービスは様々な分野に広がっています。身近なものから普段は目にしないところにまで、社会を支えているAIがあります。
ここではテーマ別に、

  • ビジネス系
  • 生活で利用する系
  • 産業系・工業系

で提供されているAIサービスをご紹介していきます。

 


ビジネスシーンで利用されているAIサービス

ビジネス領域で提供/利用されているAI搭載サービスをご紹介します。

 

 ネットのデータから最適な人材を見つける「スカウトサービス」

人材の採用は企業にとっては常に悩みの種。良い方を採用するためにどの企業も頭を抱えています。
そこに現れたのが「人工知能で逸材を探し出す」LAPRAS SCOUT(旧 SCOUTY)というサービスです。
AI技術をもとに、インターネット上のデータからエンジニアの情報を自動的に取得し、転職しそうなタイミングを掴み、スカウトを送付することが出来ます。

https://scout.lapras.com/#system

 

AIサービス内容のポイントは主に二つです。

  • 採用条件を入力することで、インターネット上の公開データの中から最適な候補者をレコメンドしてくれます
  • 転職しそうなタイミングを自動でお知らせしてくれます

人が探す採用から、AIに探してもらう採用への時代が始まっています。

 

手書き書類をAIでデータ化!

手書きの書類をデータ化したい…!という時に活躍するのが「Tegaki」というサービスです。

https:// www.tegaki.ai/

 

手書きで書かれた書類を独自のOCR(光学文字認識)サービスで、コンピューターが認識でいる文字コードに変換してくれるサービスです。
わざわざ、紙を見ながらパソコンに打ちなおす手間が省けます。

AIの技術でもディープラーニング(深層学習)の技術を利用し、世界最高水準の手書き文字認識の精度を達成しているそう。
(参照元:https://www.cogent.co.jp/news/cogentlabs-tegaki-reborn/

紙を多用している企業では、業務の効率化には欠かせないサービスになるかもしれません。

 

クレジットカードの不正取引の検知

インターネットでの買い物の利用が増えるとともに、クレジットカードの不正使用被害も増加しています。
「クレジットカードの情報が盗まれ不正に利用された!」という被害のニュースを聞くことも少なくないでしょう。不正利用の防止や早期の察知を行うために、クレジット業界ではAIの活用が進められています。

例えばクレジットカードの「Visa」では、AIの活用で、約250億ドルの詐欺被害を防止を実現を発表しています。
機械学習のモデルによって、取引の行動やパターンをもとに、不正利用がされているかどうかを評価して、取引の商品、拒否を判断しています。

私たちがAIを意識しないクレジットカードの買い物でも、実はAIが活躍しているのです。
(参照:https://www.visa.co.jp/about-visa/newsroom/press-releases/nr-jp-1906190.html

 


生活で利用するAIサービス

AIが搭載されているサービスを使ってみたい、体験してみたい、という方にはこちらのサービスがお勧めです。個人で利用が可能なサービスですので、是非体感してみてください!

 

AIアシスタント機能を持つ「スマートスピーカー」

「アレクサ、音楽かけて」「♪~~」
という場面を目にしたことはないでしょうか?

Amazonが提供しているスマートスピーカーの「Echo」のサービスです。音声で操作が出来るスピーカーというのが特徴。
Echoに話しかけるだけで、音楽を流してくれるのはもちろんのこと、天気やニュースを読み上げてくれたり、アラームのセットも行ってくれます。

EchoにはAlexa(アレクサ)という音声サービスの頭脳が搭載されています。話しかければ話しかけるほど、語彙を学んでくれると共に、話し方や好みを理解してくれます。

 

amazon.co.jp/amazon-echo

 

Chat Botで会話形式でゴミの出し方を案内!

横浜市で実施されているAIを活用したチャットボットの「イーオのゴミ分別案内」。出したいゴミの名前を入れるだけで、横浜のマスコット「イーオ」が、分別方法を案内してくれるサービスです。
ゴミの分別方法は、市や区によって異なったり、どのごみが燃やすごみなのか…などわからなくなることもありますよね。実際に、家庭ごみが正しく分別出来ていない、という課題が横浜市でもあったよう。

その課題を解決するために、既に利用されていた「ゴミ分別の検索システム」から、「会話型の分別案内サービス」に切り替えたのが横浜市です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gakushu/chatbot.html

2万語に及ぶ検索データとAI技術を用いて、自然な会話形式で分別方法や雑学などを表現することが出来ます。楽しく利用できる為、ゴミの分別が身近なものに感じることが出来ますね。

 

レコメンド機能による「おすすめの表示」

とても身近な事例をご紹介します。

ECサイトで買い物をしていると、「おすすめの商品」が出てくることも多いのではないでしょうか。また動画サイトを見ていて「次の動画」に興味がある動画が出てきて、やめられない…ということも。
これらはレコメンド機能といい、

  • 「今買ったもの」や「今見ているもの」の情報をもとに、関連性のあるものを表示
  • ユーザーの行動履歴などの情報をもとに、関連性のあるものを表示

するような機能で、AIを用いたサービスの事例です。
AIのおかげで私たちの買い物や動画再生もよりスムーズに楽しむことができますね。

 


産業/工場で利用されているAIサービス

最後は、産業/工場で利用されているAIサービスをご紹介します。
工場が抱えている「人手不足」や「ノウハウを持った熟練者が少なくなっている」などの課題を解決するAIサービスをご紹介していきます。

 

ロボットによるピッキング

製造現場では、いくつもの部品を組み合わせてモノづくりを行います。そのモノづくりの一部をロボットが担うことがAIの技術によって可能になっています。

例えば、株式会社安川電機のロボットはピッキング作業(対象のものをピックアップする)を行うことが出来ます。
物がどこにあるのかを把握し、それを適切につかむ、というのは人間にとっては簡単でも機械にとってはいくつものハードルがあります。

「どれを掴むのか?」
「どこ点を掴むのが最適か?」
「アームをどう動かすのか?」

という無数の選択肢の中から瞬時に解を選ぶのは従来のプログラムでは不可能でした。ディープラーニングはこれを可能にしました。

手先につけたカメラの画像で対象物を認識し、適切に把持動作を認識し、対象物によって掴み方を変えてピッキング作業を行うことが出来ます。

熟練者の組み立て方をデータ化し「継承」

ある機器メーカーでは、金属部品の加工手順は熟練者の勘と経験に任せる部分が多く、熟練者でない方が部品の加工を行った場合に、不要な工程が増えて時間がかかってしまう…という課題がありました。
全ての工程を熟練者が出来ればいいのかもしれませんが、熟練者はどんどん少なくなり、新人が多くなってしまうのが製造業の課題でもあります。

これをAIで解決することが可能です。

例えばクロスコンパスでは、ディープラーニングの手法を用いて、熟練者の作業工程やどの工具を利用するのかをAIが学習し、熟練者がいなくても、組み立て方のマニュアル(プロファイルといいます)を作成することが可能になります。

クロスコンパスの事例紹介ページへ

機器の「予兆保全」や「異常検知」を行うサービス

工場では様々な機械を用いてモノづくりをしています。ここにはAIを活用出来るシーンが多様にあります。

例えば、工場で無くてはならない機器ですが、毎日使っていると故障してしまい、製造ラインを止めてしまう、などの問題が起こってしまいます。
故障が起こる前に、機器の振動データなどから異常を検知して、「予兆保全」を行うことが出来るAIを導入している企業も多くあります。

また、製造した製品にワレ・ヒビがないのかをチェックする必要があります。不良品が混入しないように、「正常」「異常」品を見分けていく必要があります。

ここでもAIが活躍します。人が見て区別しなくても、画像を利用して「正常」「異常」を分ける、という事も可能です。

この例はどちらも「正常」と「異常」のデータをもとに、それらを分類するAIとなります。

クロスコンパスでは、分類を行うAIを簡単に生成できるサービスを提供しています。

https://www.cross-compass.com/manufacia/

 

このサービスのポイントは、「人間が簡単に出来ることを、AIが代行する」というところです。誰でも簡単にAIを生成することが出来る分、生成されたAIはシンプルな分類を行う事に特化しています。

 


最後に

いかがでしたでしょうか?

ビジネスシーンで使われるAIから、個人に提供されているサービス、そして工場や産業の場で使われているAIなど、様々なサービスをご紹介いたしました。

AIを搭載したサービスをテーマ別にご紹介しましたが、今後は分野問わず、色々な場所でAIが用いられることでしょう。
今皆様がパソコンを利用して生活をしているように、今後はAIを利用して生活をしていくことが当たり前になっていくはずです。
AIを怖がることなく、避けることなく、私たちの生活をより豊かで過ごしやすい社会にするために、AIをうまく取り入れて行きましょう!

 

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です